イメージ
化学式゙
イメージ
クオーツガラスコーティングは、各種電子部品にも採用されている高品質のガラスコーティング剤です。
ボディにコーティングすることで親水性を発揮、汚れ、防錆威力を発揮します。又、水洗いだけで長期的に効果を持続させます。

■ これからは、親水性が効果を発揮。

撥水と親水の仕組みは、例えば、水と油の関係を想像してください。WAXなどに含まれる油成分は水をはじくかわりに、油とは馴染みやすい性質があります。
〔撥水塗膜〕はこの汚れが付着しやすく、静電気を帯びやすいため他の汚れの成分も吸い寄せる性質があります。このため水滴などにほこりなどを含み、乾燥後は汚くなるケースが多く見られます。ウインドガラスも同様に、油膜となり夜間のギラつきなどにつながり、視界が遮られます。
対して、〔親水塗膜〕はこの逆の効果があり、塗膜に付着しやすい汚れは水性の物で、油性の汚れは寄せ付けにくくなって、頑固な汚れでない初期の段階では雨程度で、汚れが目立ってきた段階でも水洗い程度で落とせます。親水タイプですからガラス膜上の汚れは水がかかると自己洗浄機能を発揮します。
コーティング後は、酸性雨などにより塗装面を傷める事もなく長期的に輝きを持続させ、メンテナンスを大幅に軽減します。しかも、1300℃の耐熱性があり、防錆性にも優れているのでボディ以外にも様々な場所で効果を発揮します。
コーティング後は、環境破壊につながる化学薬品、石油製品などの洗剤で洗車せずに汚れを落とせます。

■ 有機質と無機質について

ポリシラザンの原液状態では有機質ですが、空気中に噴霧され、大気と水分によって化学反応をおこし、石英ガラス(SiO2)に転化します。
このガラスそのものが地球上にある無機質の岩石と同じに、完全無機質で地球上から決して消えることなく分解しない物質なのです。その反面有機質は、重荷石油成分から形成された物が多く、プラスチック、油成分を含む液剤などは、化学分解や自然分解などでいずれ消滅や形を変え劣化していきます。
スクラップ車を例にとれば、ボディやゴム類、プラスチック部分は、成分変化をおこしたり、劣化して消滅したり、分解していきますが、自動車ガラスはどうでしょう。
ガラスはいつまでも成分の変化や分解、消滅することはありません。
ガラスはそのままの形をとどめ、何の変化も起こすことはありません。
一切の有機剤をを含まない、純粋の石英ガラスなのです。
そういった無機質である石英ガラス膜が、長期間に亘って愛車のボディをコートいたします。

■ クオーツガラスコーティング10大性能

耐候、耐熱、抗菌等に威力を発揮

クオーツガラスコーティングには耐熱性や親水性など10項目の優れた性能、性質があります。
これらは、汚れ防止、防錆、防カビ、防水、耐傷にいかんなく発揮されます
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Copyright(C)2006 川西鈑金工業ー All right reserved.