現在地 : TOP  塗装

塗装

塗装前下地処理・マスキング・スプレー塗装・焼付け・磨きポリッシュ作業・ホイールの修理塗装

塗装の心得(取り組み)

下地作業・マスキング・塗装・磨き、全ての工程を手間をおしまず作業しております。
車の板金塗装修理全てに共通することですが、一つ一つの作業がそれぞれ大切な工程となっています。

塗装の設備

BMW指定塗料 RM・BASFを使用しています。
国産車・輸入車と幅広く対応し、全色再現可能。
 
塗装ブース USI社
塗装の設備

塗装の作業工程

工程 内容
下地処理 塗膜はく離 板金で一部はく離した箇所全体、さらに傷ついた塗膜をはく離する
フェザーエッジング 周囲をなだらかに研磨する
金属素地面処理 金属面の素地がでているところは表面処理剤まだはプライマーを塗布する
ボディフィーラー
(パテ)
パテ練り 配合比通りに計量、板金パテの主剤・硬化剤を混合して練る
パテ付け すぐにパテを凹みに盛り付ける。しごき、盛り、ならしの3ステージ
乾燥 パテを強制乾燥または自然乾燥させる
パテ研磨 パテを研磨してもとのラインを作る
ガイドコート 面出しをスムーズにおこなうためにガイドコートを塗布する
面出し研磨 もと通りの面を復元するためにパテ面を研磨する
パテ周囲足付け パテ面周辺のプラサフ塗装する範囲の旧塗膜を研磨する
拾いパテ スアナなどの凹みをパテで埋めて修正
研磨 拾いパテした部分を手研ぎしてならす
マスキング プラサフ塗装のためにパテの周囲四方をリバースマスキングする
プラサフ 調合 指定の比率で、主剤、硬化剤、希釈剤を計量、混合、撹拌
塗装 プラサフを塗る
ガイドコート 面をきれいに出すためにガイドコートを塗布する
プラサフ研磨 プラサフを器械研磨と手研ぎする
足付け プラサフ周辺、ぼかし面の塗料付着性を高めるために、周囲の上塗り塗装
箇所に、ざらつきを持たせる
上塗り マスキング 上塗り前のマスキングは慎重におこなう
塗色コード・カラーカード確認 調色のために色番号とそのカラー見本を実車にてらして確認する
上塗り調合・調色 配合データ通りに上塗り原色を計量する
試し塗り仮塗装・乾燥 ためし塗り板に塗装、乾燥させる
比色 実車で塗装箇所の隣接パネルで、試し塗り板を比色する
微調色 実車と色が合致しなければ、会うまで原色を加えて微調整する
試し塗り仮塗装・乾燥 再び試し塗り板に塗装、乾燥させる
比色 実車と色を比べて合致していれば、そのまま上塗り塗装へ。
合わなければ微調色を繰り返す。
塗装準備・塗面点検 温度や粘度などを確認して、硬化剤、希釈剤を混合。
塗面はタッククロスでゴミを拭き取るなどする
上塗り塗装 ベース塗装 ブース内で上塗り塗装する
クリヤー調合 塗色や条件によってクリヤー塗装が必要な場合、主剤、硬化剤、希釈剤を調合
クリヤー塗装 スプレーガンでクリヤーを塗装する
強制乾燥 セッティングタイムのあと、ブース内で高温で強制乾燥させる

ポリッシュ

ブツ取り 塗膜に付いたゴミ・ブツやタレなどを研磨して修正する
肌調整 磨き作業で旧塗膜の肌と補修塗装した塗り肌とを合わせる
最終仕上げ マスキングはがし、清掃する

塗装の作業風景(写真・動画)

()